アドセンスの禁止語句ワードと禁止事項

* ポルノ、アダルト、または成人向けの用語。これには、ヌード、部分的なヌード、性的なイメージや行為、わいせつ/卑猥/卑劣な事柄を描写したり暗示する用語が含まれますが、これに限定されません。
* 個人、団体、組織を対象にした暴力的、人種差別的、または誹謗、中傷する用語
* 過度の不適切な表現、その他公序良俗に反する表現
* 違法な麻薬または麻薬関係の道具
* ギャンブルまたは賭博に関連したコンテンツ
* 銃火器、銃弾、バリソン、バタフライ ナイフ、ブラスナックルなどの武器
* ビールやアルコール度の高い酒類
* タバコまたはタバコ関連製品
* 処方薬
* 不法行為を促す、または他人の法的権利を侵害する用語
* 最近生じた惨事や他のデリケートなトピック
* その他の不法な用語、不法行為を促す用語、他人の法的権利を侵害する用語

参考URLはこちらhttp://adsense.google.com/support/bin/answer.py?hl=jp&answer=96332

つまり常識的範疇での単語や文章を使っていけば問題ない、ということで落ち着く。

ちなみにアドセンスには、必須ではないが”許可サイトの設定”がある。
(旧管理画面ではAdsense 設定中のメニューにある)
ここでサイトを許可設定しておけば、コードをいじられることはない。
ただ自分のコードを使って誰かがボランティアをしてくれれば設定しないほうがいいのだが、これは可能性が低いと思われる。
※新しい管理画面では結局見つからなかった。

[追記]
ウェブマスター向けのガイドラインにもしっかりと目を通すようにしている。
googleヘルプは英語の翻訳なのか技術者が書いているためなのか、わかりにくい説明が多々あるので、大切な部分だけでも1度わかりやすくこのサイトにアップしていこうと思う。

以下抜粋
抜け道を探すことに時間をかけるより、ガイドラインを厳守することでユーザーの利便性が向上し、検索結果の上位に表示されるようになります。

参考URL http://www.google.com/support/webmasters/bin/answer.py?answer=35769&hl=ja

アドセンスはgoogleが1番喜ぶ事を考えれば何も心配する必要はない。
googleが1番喜ぶこととは、「自社の利益」だろう。
そして自社の利益のためにもっとも多くを占めているのが「広告主からの利益」ということ。
なので「広告主の利益」を確保できることが大切になってくる。

つまり、「有益なクリック」ということ。有益なクリックとは少なくとも何気ない軽い冷やかしクリックではない。
本当に求めている時、そこに答えがあれば有益なクリックへと繋がるのかもしれない。

コンテンツアップの道は続く…