リアル以上にネットビジネスの中では困難や苦境が起きてきます。 それらを克服していくためにも、様々なトレーニングや経験学びが必要となるでしょう。 その意味ではリアルも全く変わりませんし、スポーツとも共通するところがあるといえます。 色々な経験や学びを通して成長しながら結果を出していく、ということになります。 ネットビジネス全般編~プロローグ3

アドバイザーとの出会い

私自身、学びへのきっかけがありました。 それは実際に成功を収めていらっしゃるアドバイザーとの出会いです。 ※月に500万ほど稼いでいる方です。 インターネットの師匠という気持ちで手取り足とり教えていただいた方です。 背景はインターネット上でネットワークビジネスをやっている方でした。 余談ですが、私自身、ネットワークビジネスも様々挑戦してみましたが、こちらはどの会社も肌に合いませんでした。 それでも、学べた事も多々ありますので、違うテーマで詳しくお話しをできれば、と思います。 なので、今では殆ど話す機会もありませんが、感謝の気持ちは忘れたことはありません。 良い経験であり、出会いであり恩人です。 当時はコンビニエンスストアーを経営し1人で深夜のシフトにも入っておりました。 シフトの作業をしっかりと急いで終わらせた後、バックルームに行きパソコンとモニター2台を前にしながら、スカイプやメッセンジャーをフルに使って教えていただいたのです。 厳しい方でした。 まだ私も何もわからずチンプンカンプンの中のことです。 お互いが時間の無い中実践そして実践という形で教えていただきました。 「こうやってみて」 と言われた後、少しでも反応が遅れれば 「もういいよ、俺がやるから」 という事は当たり前でした。 その緊張感が集中力が増し、マスターするスピードを増すことができました。 またインターネットやパソコン、ホームページ全般の事からメンタル面まで学ぶことができました。 大変な分、身についたことも多かったのです。 思い返してみると、結局のところ時間があるとか無いとかはさほど関係ありません。。 逆に無い時間の中で捻出した時間の方が、濃い学びを得ることができました。 そして”出会い”これもまた大切なことだと思えます。

ネットだからこそリアルの繋がりへ

その後も、色々な人との良き出会に恵まれました。 北海道は元より、東京から沖縄まで色々な人との出会がありました。 ネットだからこそ、実際に逢ってみればわかることがあります。 表だけの人なのか、利用しようと上手い言葉を言っているのかなど、 わかると思います。 ネットは所詮ツールですから、ネットできっかけを作るための手段として用い、リアルでの繋がりを作っていくことも大切なことです。 私自身、実際にお会いした人の方が深く長くつきあえていると思います。 (もちろん例外もあります) そんな繋がりのお陰で、失敗や挫折も乗り越えてこれました。 そして行動も起こしてきました。 私は中・南九州で主に活動していますが、福岡は元より東京や大阪まで足を運びました。 (車でも千円を試用し運転していったことも度々あります。) ネットだからといってパソコンの前だけでなくてもいいと思い、だからこそお会いしに行くことが大切だと思ったのです。 その行動の1つ1つが失敗から度々立ち直ってきた原因となりました。

反対の事実

実践を通してきて思うことなんですが、ネットで飛び交っている情報は逆な場合が多いです。 一例でいえば、検索エンジン対策にしても、逆が多い。 一面では当たっているのですが、皆が同じことをやらない方がいい、ということです。 検索などSEOに関しましては、別のテーマで詳しく解説していきますので、ここでは逆の情報が多いということを覚えておいてください。 実はこのことは影響力がある人の話ほど真に受けない方がいい、ということにも繋がります。 なぜならそれだけ多くの人が影響されるから。という理由です。

失敗という財産

失敗は誰しもしたくないと思います。 わたしも本音を言いますと、2度と失敗はしたくはありません。 最初から全て順調にうまくいって欲しい。 とはいえ避けては通れない部分があります。 何か行動を起こしたり挑戦することには、失敗はつきものです。 そもその失敗はエジソンがいうように出来なかった証明だと思います。 やはりやってみないことがあるからです。 その失敗を、自分以外の人が失敗をしないために語れるのであれば、更に意味も出てくるでしょう。 もちろんまずは自分のためになっていますので、財産だと思いますし、インターネットとはその財産を活かしていける場所だと思います。 この話さえ本を出版するまでもなく、あなたにお伝えできるのですから。 逆にドンドン失敗してやるぞ、の意気込みの方がモチベーションも持続していけるでしょうし、私自身挑戦者として乗り越えてこれた部分が多々あります。 本を読むという知識取得ですら、使えると思えば直ぐに本を伏せて試していたほどです。 失敗はしないにこしたことはありません。 その為には失敗をしなくてはなりません。 なので失敗を恐れていてはいけないのです。 ここで失敗という財産を残しておきたいと思います。

実績と書くに至った理由

プロローグの最後になります。

会社設立へ

今までやってきた中で、法人化(会社設立)もやってまいりました。 ネットビジネスをやる前は、個人事業でやっていたわけです。 法人化したメリットデメリットも様々経験いたしました。 ここれはネットビジネスに焦点を当ててお話しをしていきます。 インターネットで稼ぐために、今までは匿名性でも十分稼げる時代だったと思います。 これからはしっかりとした信用力が必要になってくる流れを感じております。 そのためには法人化という方法もいいでしょう。 私自身会社を立ててのメリットも多々ありました。 その分苦労も多かったのですが、これから本気でネットで稼いでいかれるなら、例え副業でもいいのかな、といいう気がします。 実際私自身は、少し早すぎたかな、という事もあります。 なので、慌てる必要はないと思います。 ただ、軌道に乗ってきたらいつでも設立できるような心構えは必要でしょう。

SEOへのアドレナリン

話は変わりますが、ネットビジネスへのきっかけが訪問者増ということもあり、検索エンジンを研究していく中で、SEOは色んな意味ではまりました。 アドレナリンが脳内に吹き出る経験をしました。 それははじめて検索エンジンの上位に自分のサイトを見た時のことです。 脳の中で恍惚物質が出まくりましたね。 「凄~~い」 この気持ちを大切にしていっていただきたいと思います。 検索エンジンについては、この先方向転換も余儀なくされていくでしょう。 ただ、その時アドレナリンが出た、ということが大切なのです。 利益云々よりまずはそのアドレナリンが出るほどハマルということが後々特技になります。

アドバイザーへ

そんな様々な経験を踏まえながら、次はアドバイスされる側からアドバイスする立場へと変わっていきました。 それでアドバイスにより結果を出された方も多数いらっしゃいます。 私自身アドバイスをしていただき、大変に助かった部分もありますし、 インターネットとパソコンという孤独な作業の中、そういう人がいるだけで安心に繋がりますし嬉しいことでもありました。 私自身もそんな安心感を与えられるような、結果をドンドン出していけるアドバイザーになっていきたいと思っております。 そんな中、今回のような情報もドンドン発信して少しでもお役に立てたら、という想いで出来ることをやり始めた次第です。 具体的にはその時々で状況が違うと思われますので、ある時は動画をじっくり見てみたり、忙しい時は記事のポイントを読んでみる、そして音声だけ抜き出して移動中に聞けるように音声と動画と記事を踏まえた連載を思い立ちました。

あきらめない心

あきらめない心をコンセプトに作成していきたいと思っております。 あきらめたらそこで終わりです。 生きている限りあきらめる必要はないと思います。 時にはあきらめが肝心だということもありますが、それは執着のことです。 向かっていればゴールは近づいてくるのです。 そして、3つをバックグラウンドに据え置きながら書いております。 1つ目は、体験を元に事実をありのまま伝えていく、ということです。 きれい事や、何かの売り込みのためではなく、ネットビジネスのありのまま見てきたことを体験を踏まえてお伝えしていきます。 2つ目は結果を出していくことにより自立をお手伝いを少しでしていけたら、という想いです。 3つ目はひとりじゃない、という想いです。 孤独に闘う必要はない。インターネットだからこそ繋がりで協力していける時代になってきています。 1人でもいい、2人だと尚更いい。心の繋がりがある出会があれば、というという想いを持って作成に踏み切った次第であります。 なので儲ければいい的主義ではありません。 もちろん結果は出さなくてはなりません。 それでも、これらのバックグラウンドは忘れずに進めていきたいと想い、このような方法で立ち上げた次第です。 私も力足らずの部分があるかもしれません。 全力で応援してまいります。 何卒宜しくお願い申し上げます。 第1章からいよいよ具体的な話に入っていきます。 このプロローグは飛ばしても一向に構いません。 ここは伝えておくべきところがある、と決めてはじめに持ってきました。 ありがとうございました。

動画によるオンデマンドセミナー

ネットビジネス全般編~3 「ネットビジネスへの想い」 (総収録時間 33:16) –操作説明– ・再生ボタンでスタート ・早送りボタンで次のステップの動画 ・早送りの横をクリックすると、メニューが表示されお好きなステップをご覧いただけます。 ・スクロールバーでそのステップ内のお好きな位置をご覧いただけます。 ※記事による書き起こしの連載も同時に進行してまいります。 >>目次はこちら