アドワーズ(Googleの広告プログラム)の管理画面の簡単な操作方法についてのメモ。

アドワーズ(AdWords)アカウントの全体像

アドワーズ(AdWords)のアカウントで最初に覚える事は、”お客様ID”。 管理画面の右上に10桁の数字で表記されている。 ※サポートを受ける際にも必要。 お客様IDの下にあるタグの説明

メインタグの説明

1,ホーム Googleからのお知らせ・簡単な掲載結果を確認できる 2,キャンペーン(もっとも頻繁に使用) 広告作成で使用・結果を確認できる 3,最適化 アカウントを効果的に運用するために使用 4,料金 請求内容を確認 ※クレジットや残高の確認などができる 5,アカウント ログインなどアカウント全般における管理ができる
キャンペーンについて
キャンペーンとは、アドワーズ(AdWords)のアカウントの構成がピラミッド形式になっており、アカウントの次の2番目に位置するものである。 キャンペーンは複数作成できる。 ※通常は各商品(サービス)事に作成することになる。 広告を管理するための入れ物のようなもの。 具体的には、
  • 1日の予算
  • ターゲットの国と言語
  • 広告の掲載場所
  • キャンペーンの期日
これらを作成できる。 キャンペーンの下には広告グループがあり、 各キャンペーン内に広告グループをいくつも作成可能。 広告グループでは、
  • キーワードと広告テキストの追加
  • クリック単価の設定
を設定できる。
キャンペーンと広告グループの分け方
キャンペーンは商品(サービス)事に分ける。 広告グループでは種類ごとに作成。 例) アカウント:不動産 キャンパス:一軒家 広告グループ: ・2階建て ・駐車場屋根付き ・ベランダ有り キャンペーン:アパート ・2K(部屋の広さ) ・ペット(可・不可) ・駐車場(有り・無し) などで分けて作成していくことが望ましい。
キャンペーンの管理画面の操作方法
キャンペーンタブのトップで全てのキャンペーンが確認できる。 各キャンペーンがアクティブ(掲載されている)なのか、一時停止しているのかを一覧で確認することが可能。 グラフに指定した期間のクリック数が表示されるのでわかりやすい。 キャンペーンの中には更にタブがあり、各タブ内で詳細な確認ができるようになっている。 左上のキャンペーン一覧から選択しクリックすると、各キャンペーンの詳細な内容が確認できる。 ※グラフは選択したキャンペーンの表示に切り替わる。 予算や広告グループの内容が表示される。 その中にある設定タブより具体的な設定をすることができる。 ■設定項目
  • キャンペーン名
  • ターゲット言語・地域
  • 広告掲載場所
  • キャンペーンの期間
これらの編集と設定ができる。 ■広告タグ 広告一覧と掲載結果が表示される。 左側に広告グループが表示されるので、選択するとその広告グループのみが表示されるようになる。 ■キーワードタグ 設定したキーワードの一覧が表示されるようになる。 ここでキーワードごとのクリック数と表示回数を確認し、設定したキーワードが期待した結果を出しているかを確認することができる。
掲載結果で表示される重要な用語
・表示回数(インプレッション) 広告が表示された回数を表示 ・クリック数 表示された広告が何回クリックされたのか表示 ・クリック率 表示回数÷クリック数 実際にクリックされた確率

このクリック率が高くなるとGoogleからの評価も高くなる。

より掲載順位も高くなる。 ・平均クリック単価 1クリック当たりの単価が一律でないので、上限はない。 そのため実際の単価より低くなる場合があるので、平均値をここで表示している。

アドワーズ(AdWords)の運用ツール

アドワーズ(AdWords)をより効率よく使っていくため、便利なツールがくつかあるのでここで解説。 場所は最適化タグの中にある。 左下に運用ツール覧が表示されいる。(よく使うツールのみ表示) その他の一覧は「その他のツール」をクリックすると表示される。 中でも最もよく使用するツールは
  1. キーワードツール
  2. 広告診断ツール
  3. 広告プレビューツール

キーワードツールについて

キーワードツールは入力されたキーワードについて、 そのキーワードの人気度や検索ボリューム・関連するキーワードが表示される。 ※人気度が高いほどキーワード単価も上がるのでここで確認しキーワードを絞り込む。 ※※人気度順などに並び替えることも可能

広告診断ツールについて

広告診断ツールでは、あるキーワードで検索された際に、サイトが表示されるかを確認することが出来る。 ※表示されない場合は、その理由が出てくる。 これは”キーワードタブ”でも確認することが出来る。 キーワードタブ内の、各キーワードの横にある小さな吹き出しのマークの上にマウスを置くと表示される。 この中に広告品質スコアがあり、そのスコアー値が高いほど表示されやすく、単価も安くなる傾向がある。 品質スコアを高めるには前回も簡単に書いた。 詳しくは後ほど解説していくことにする。

広告プレビューツールについて

広告プレビューツールは掲載結果を実際の画面でみることができる。 実際にgoogleの検索でも確認することはできる。 ただこの場合は、自身で検索していまったものも”表示回数”としてかぞえられてしまうので、クリック率が下がってしまう。 クリック率が下がると掲載順位が下がったり単価が上がったりするので、この広告プレビューツールで実際の表示を確認するとよい。 ※ターゲット地域を設定している際に、自身の住んでいる地域以外だと、実際にGoogleで検索しても掲載を表示できない。 その場合もこの広告プレビューツールで掲載を確認することができる、というわけ。

料金タグの見方と仕組みについて

料金タグでは、これまで使った費用の確認ができる。 前払いではこれまで使った費用や未払いの費用、後払いでは残高などを確認することが可能。 わからないことがあるときは、サポートに問い合わせる前に、各項目の右上についている?(ハテナマーク)をクリックすることで、問題が早く解決できる場合がある。 ここでは、料金を1日単位で確認するこもできる。 右下には請求書の表示があるので、クリックすれば請求書を印刷することもできるので、経費報告の際に使用することになるだろう。

予算について

1日の予算を設定すると、まれに超える場合がある。 (表示回数の変動があるので20%前後) ただ月の予算を上回ることはない。 例: 1日の予算1000円の場合 1200円になる場合がある。 しかし月に30000円を超えることはない。 (万が一超えてしまった場合は、googleより超過分の払い戻しが行われる)

今回のアドワーズ(AdWords)管理画面の解説のまとめ

■キーワード設定タブの中の、タブの直ぐ下の段で、詳細な設定が行える。 この中の表示項目の横にあるグラフのマークをクリックすれば、様々なデータの比較をグラフに表すこともできる。 ※表示期間は右上で行える。 ■管理画面で、左にあるキャンペーン名キをクリックした状態で、タブを選択すればキャンペーン全体のデータを参照することも可能。 ■キーワードタブ内のキーワードにある、白い小さな吹き出しバルーンにマウスを置くことで、掲載されているかどうか、品質スコア、掲載されない場合はその理由をみることができる。 その下にある「広告診断ツール」をクリックすれば、表示言語やドメインを指定して診断することも可能。原因がより詳しく表示される。 ※アクティブであることが条件 キーワード事に一時停止とアクティブを変更することができる。 (チェックボックスに入れれば複数も可能) ■最適化タブで運用ツールにアクセスすることができる。

アドワーズ(AdWords)のサポートについて

アドワーズ(AdWords)のサポートは様々用意されている。 管理画面の左下にある「ヘルプ」 ここに初心者に役立つアドワーズ(AdWords)ご利用ガイドのPDFやヘルプセンター・フォーラムなどの情報がある。 メールでサポートチームに問い合わせをしたい時は、ここの1番下にある、「ヘルプセンター」にお問い合わせフォームよりできる。 ※他のグーグルサービスについての問い合わせはできない。 検索結果などについて問い合わせる場合はウェブマスター向けサポートページで、アドセンスはアドセンスサポートサイトで。 ここはアドワーズ専用。

参考サイトURL

■アドワーズ公式サイト ※電話での申し込みは0570-055-166(受付時間 平日(土日祝日除く) 9時~18時) ■アドワーズ(AdWords)初心者向けガイド ※ここで大体のことは解決できる。ただ情報が多すぎるかもしれないね。

5000円分の無料クーポンを差し上げます。

只今当社では5000円の無料クーポン券を発行しております。 希望の場合は、お問い合わせより「アドワーズ(Adword)クーポン希望」という内容でお問い合わせください。 設定やコンサルも無料でサポートいたします。 ※2011年2月25日まで5名様限定